フラット

フラットキャンバー

逆エッジを恐れずボードをズラしやすい!!

ソール(板の雪に付く側)が初めから雪面にピッタリくっついているので逆エッジの心配が少ないフラット構造の板は、上半身~下半身をうまく使えばズレのないターンが可能で、ボードをズラしながら滑る「ドリフトターン」もやりやすい!!グラトリやジブでボードをスライドさせた時の安定感に優れています。

また、フラットボードの中でも、ノーズとテール付近が反り上がったフラットロッカー形状のボードは、ターン時にボードの先端の余計な引っ掛かりが少ないので、ターンに不慣れで、どうしても重心が高くなってしまう方にはオススメです!!

ページの先頭へ